仕事場に在籍を確認する電話がないカードローンは?

MENU

職場への在籍確認電話は必ずあるの?

 

カードローンを利用してお金を借りるためには、必ず審査が行われますが、その審査の一貫として在籍確認電話があります。

 

これは申込者が提示した職場で本当に仕事をしているのかを確認するための審査であり、記載されている仕事場の電話番号へ、担当者が個人名で電話をします。

 

勤務先の誰かが電話対応し、本人がその職場に在籍していることさえ確認出来れば、それで在籍確認電話は完了です。

 

でもいくら個人名と言っても、勤務先へ自分に宛に電話がかかってくることに抵抗がある方も多いかと思います。

 

融資の申し込みをした事実を知られることはありませんが、勘の良い人が電話対応すると、「あ、この人は借入の申し込みをしたな」と気付かれてしまうことがあります。

 

そんな時には、必要書類が揃っていることで職場への電話を無くすことが出来るサービスを提供している消費者金融もあります。

 

例えばモビットのWeb完結でしたら、申し込みからキャッシングまで、全てインターネットのみで完了することができ、仕事場への電話もありません。

 

ただしWeb完結を利用するためには、近々の給与明細書や社会保険証などを用意し、さらに指定する銀行口座を持っていなければいけないなど様々な条件があるのでご注意ください。


柔軟な金融業者の
紹介所もチェック!
↓ ↓ ↓ ↓

関連ページ

消費者金融や銀行系カードローンの限度額はいくらぐらい?
各消費者金融や銀行系カードローンというのは、借入可能な利用限度額というものが設定されており、その範囲内でしたら何度もキャッシングと返済を繰り返すことが出来ます。この限度額は、過去の利用状況や年収などによって変わり、申し込み時に行われる審査で判断されます。ただし初回は低く設定されることが多いのでご注意ください。
カードローン審査のときに嘘つくとバレてしまうの?
消費者金融や銀行のカードローンに申し込みをする際に、申込書にうそを記入してしまうと、必ずバレます。審査時には個人信用情報機関のデータベースや金融業者間で共有している個人情報を参照することから、いくら審査に不安があったとしても、嘘は書かず正しい情報を提示することが大切です。嘘があるだけで借りれる属性でも断られてしまうこともあります。