カードローン審査のときに嘘つくとバレてしまうの?

申し込みでウソをつくと必ずバレます!

 

カードローンを取り扱う消費者金融や銀行というのは、全く知らない他人にお金を融資することになりますので、当たり前のことですが審査で念入りな信用情報チェックを行います。

 

この際、複数社からお金を借入している多重債務者や、返済遅延を何度も繰り返しブラックとして記録されてしまっていると融資を断られてしまいます。

 

「だったら他社からの借入が無し」と嘘をついて申し込みをすれば良いのでは?と考える方もいるかもしれませんが、それは絶対にダメです。

 

審査時には、個人信用情報機関のデータベースや、貸金業者で共有している情報を参照することから、嘘は必ずバレてしまいます。

 

また嘘をつかなくてもお金を借りることが出来ていたとしても、申込書の内容に一つでも嘘があると、信用出来ない人だと判断され、キャッシングカードを発行してもらうことが出来なくなります。

 

このことから申込書に記載する項目はもちろんのこと、口頭や電話で担当者と話をする時も、嘘はつかず、正確な情報を伝えるようにしましょう。

 

いい加減な審査を行っている消費者金融や銀行は一切ありません。

 

一度でも嘘をつくと、将来的なローンや融資などの審査にも影響を与えることもありますのでご注意ください。


柔軟な金融業者の
紹介所もチェック!
↓ ↓ ↓ ↓

関連ページ

仕事場に在籍を確認する電話がないカードローンは?
消費者金融や銀行系カードローンなどでお金を借りるとなると、審査の一貫として勤務先へ本人が在籍しているのかを確認するための電話があります。この在籍確認電話なしで借りれる貸金業者として挙げられるのが大手消費者金融であり、全てではありませんが、Webで完結出来る申し込み方法があり、必要書類をいくつか用意する必要がありますが在籍確認電話はありません。
消費者金融や銀行系カードローンの限度額はいくらぐらい?
各消費者金融や銀行系カードローンというのは、借入可能な利用限度額というものが設定されており、その範囲内でしたら何度もキャッシングと返済を繰り返すことが出来ます。この限度額は、過去の利用状況や年収などによって変わり、申し込み時に行われる審査で判断されます。ただし初回は低く設定されることが多いのでご注意ください。