消費者金融や銀行系カードローンの限度額はいくらぐらい?

MENU

消費者金融や銀行系カードローンで借りることが出来る金額は?

 

 

各消費者金融や銀行系カードローンというのは、融資限度額の範囲内で何度でも借入と返済を繰り返すことが出来ますが、それでは実際のところ、どの程度の限度額が設定されるのでしょうか?

 

これら利用するカードローンによって変わってきますが、消費者金融でしたら50万円が一般的であり、銀行系カードローンは総量規制対象外となっていることから、数百万円の限度額を設定してもらうことが出来ます。

 

しかしこれら限度額というのは、あくまでも一人あたりに貸すことが出来る上限金額となることから、初回の申し込みで最大限度額まで借りることが出来るケースは殆どありません。

 

これは筆者の体験談からですが、大手消費者金融に初めて申し込みをした際、50万円の枠をお願いしましたが、結局もらえたのは20万円の枠でした。

 

普通のサラリーマンで他社からの借入も無かったのですが、やはり初回ということで、審査だけでは50万円は無理のようです。

 

しかしキャッシングを何度か繰り返し、きちんと返済をしていけば、数カ月程度で50万円の枠をもらうことが出来ました。

 

このことからわかるように、実績があれば限度額がどんどん広がっていきます。

 

ただ忘れてはいけないのは、限度額がまだあるからと言って無闇に利用せず、必要最低限の借入にしなければ必ず後悔することになりますので、キャッシングは計画的に賢く利用しましょう。


 
柔軟な金融業者の
紹介所もチェック!
↓ ↓ ↓ ↓

関連ページ

仕事場に在籍を確認する電話がないカードローンは?
消費者金融や銀行系カードローンなどでお金を借りるとなると、審査の一貫として勤務先へ本人が在籍しているのかを確認するための電話があります。この在籍確認電話なしで借りれる貸金業者として挙げられるのが大手消費者金融であり、全てではありませんが、Webで完結出来る申し込み方法があり、必要書類をいくつか用意する必要がありますが在籍確認電話はありません。
カードローン審査のときに嘘つくとバレてしまうの?
消費者金融や銀行のカードローンに申し込みをする際に、申込書にうそを記入してしまうと、必ずバレます。審査時には個人信用情報機関のデータベースや金融業者間で共有している個人情報を参照することから、いくら審査に不安があったとしても、嘘は書かず正しい情報を提示することが大切です。嘘があるだけで借りれる属性でも断られてしまうこともあります。